エステサロンとの違い

新宿には医療脱毛ができるクリニックがたくさんありますが、エステサロンとどこが違うのかを比較します。

新宿の医療脱毛基本情報のメイン画像

エステサロンとの違い

新宿ではたくさんの医療脱毛の広告や看板を見かけます。

ここで気になるのがエステサロンで行う脱毛と、医療脱毛の違いです。

厳密に言えば、医療脱毛は医療用レーザーを使って施術をする医療行為です。

たまにエステサロンでも、レーザー脱毛と表示して施術を行っているところがありますが、レーザー脱毛は医療行為となるため、医師免許を持たない人には機械の操作ができない決まりになっています。

ただし厳密に言えばの話ですから、レーザーを使うという意味では同じです。

ただしレーザーといっても、エステサロンで行うのは、医療脱毛に比べてはるかに照射威力は低いものになります。

エステサロンの場合はカメラのフラッシュのような優しい光を使うので、光脱毛と呼ぶのが一般的です。

新宿にも多い医療脱毛は、パワーがある医療用レーザーを使った脱毛です。

エステサロンと医療脱毛の違いは、使用する照射出力の違いと考えるとわかりやすいです。

医療脱毛はパワーが強い分、短期間で脱毛効果を得やすいのですが、その分刺激は強く、人によっては痛いと感じる事があります。

また医療行為ですが美容目的となるため、健康保険が使えず費用が高めです。

刺激が強い分肌が弱い人は、肌トラブルを起こす事があります。

しかし医療機関で行うため、トラブルがあった時もすぐに治療が可能なのは安心できます。

医療脱毛は照射出力が高いため、毛根を破壊しますので、永久脱毛とほぼ同じ効果を得る事ができます。